読書の記録Vol.2  
<< neko main 『巡礼者たち』 エリザベス・ギルバート >>
『くっすん大黒』 町田康
2010年12月読了(文春文庫) 

★★★☆☆

 初めての町田作品☆
軽快な大阪弁によい感じに浸る。

部屋に転がっていた大黒様を処分しようと思い立ち・・・。

そこからくだらない・・実にくだらない出来ごとに巻き込まれ(笑)

みたいなお話。

人間の不条理をここまでユーモアたっぷりに表現出来るって・・
ある意味ドスト氏も冷や汗もんではないだろうか。
町田さん、不思議ーーー。好きーーー。
これは哲学書に近いかも。
ちょっとクドさもあったけど、おもしろかったー☆
いやぁ、ロックしてます!
16:41 町田康 -