読書の記録Vol.2  
<< 『犬が星見た』ロシア旅行 武田百合子 main 『鴨川ホルモー』万城目学 >>
積んである本*8月の読書
『湯ぶねに落ちた猫』吉行理恵(ちくま文庫)
『恐るべき子供たち』ジャン・コクトー(角川文庫)
『小川洋子の偏愛短篇箱』小川洋子

特にこの中で小川洋子さんの『偏愛短篇箱』
小川さんにとって大切な短篇たちが16作品、
【奇】【幻】【凄】【彗】に分けられて手招きしてます。

【奇】
「件」内田百
「押絵と旅する男」江戸川乱歩
「こおろぎ嬢」尾崎翠
「兎」金井美恵子
【幻】
「風媒結婚」牧野信一
「過酸化マンガン水の夢」谷崎潤一郎
「花ある写真」川端康成
「春は馬車に乗って」横光利一
【凄】
「二人の天使」森茉莉
「藪塚ヘビセンター」武田百合子
「彼の父は私の父の父」島尾伸三
【彗】
「みのむし」三浦哲郎
「力道山の弟」宮本輝
「雪の降るまで」田辺聖子
「お供え」吉田知子

全ての短篇に小川さんの解説エッセイ付き♪

■bookmasterサンからのオススメ
『夜は短し歩けよ乙女』森見登美彦
『四畳半神話大系』森見登美彦
『鴨川ホルモー』万城目学
『アレクサンドリア四重奏』ロレンス・ダレル(近くの本屋さんにはなかったー)

リスペクトしているbookmasterサンからの久々のオススメなので
全部読みたい!
絵を描いたり・・ぬいぐるみ作ったり・・遊んだり。
完全に読書時間が減っちゃってますが
読書だってしたい><





18:28 - -